管材商報2018
16/282

パイプ・継手バ ル ブ機 材化 成 品ポンプ・タンク住宅機器・空調機器索 引JIS 日本工業規格鋼管の用途と適用範囲■JIS 鋼管の用途と適用範囲鋼管規格にはそれぞれにその適用範囲および種類が規定されているが、個々には非常に多くの用途に供されており、これを簡単に表示することは困難であるが、より適切な鋼管を選ぶために主要な鋼管の規格名称、種類、適用範囲、用途例を示すと表のとおりです。分類規格名称JIS規格製造番号製造法材質適用範囲配管用配管用炭素鋼鋼管JIS G 3452SGPE.B炭使用圧力の比較的低い蒸気、水(上水道用を除く)、油、ガス、空気などの配管に用いる炭素鋼鋼管。圧力配管用炭素鋼鋼管JIS G 3454STPGS.E炭350℃程度以下で使用する圧力配管に用いる炭素鋼鋼管。高圧配管用炭素鋼鋼管JIS G 3455STSS炭350℃以下で使用圧力が高い配管に用いる炭素鋼鋼管。高温配管用炭素鋼鋼管JIS G 3456STPTS.E炭主に350℃を超える温度で使用する配管に用いる炭素鋼鋼管。配管用アーク溶接炭素鋼鋼管JIS G 3457STPYA炭使用圧力の比較的低い蒸気、水、ガス、空気などの配管に用いるアーク溶接炭素鋼鋼管。配管用合金鋼鋼管JIS G 3458STPAS合主に高温度の配管に用いる合金鋼鋼管。配管用ステンレス鋼管JIS G 3459SUS-TPS.Aス耐食用、低温用、高温用などの配管に用いるステンレス鋼管。低温配管用鋼管JIS G 3460STPLS.E炭氷点以下の特に低い温度で用いる配管用鋼管。水配管用亜鉛めっき鋼管JIS G 3442SGPWE.B炭水道用及び給水用以外の水配管(空調、消火、排水などをいう)に用いる亜鉛めっき鋼管。水輸送用塗覆装鋼管JIS G 3443STWE.B.A炭主に上下水道に用いる、内面にエポキシ樹脂、外面にプラスチック被覆を施した塗覆装鋼管熱伝達用ボイラ・熱交換器用炭素鋼鋼管JIS G 3461STBS.E炭管の内外で熱の授受のために使用する炭素鋼鋼管。ボイラ・熱交換器用合金鋼鋼管JIS G 3462STBAS.E合管の内外で熱の授受のために使用する合金鋼管。ボイラ・熱交換器用ステンレス鋼管JIS G 3463SUS-TBS.E.Aス管の内外で熱の授受をするために使用するステンレス鋼鋼管。低温熱交換器用鋼管JIS G 3464STBLS.E炭氷点以下の特に低い温度で管の内外で熱の授受のために用いる鋼管。構造用一般構造用炭素鋼鋼管JIS G 3444STKS.E.B.A炭土木、建築、鉄塔、足場、支柱、地すべり抑止ぐい、その他の構造物に使用する炭素鋼鋼管機械構造用炭素鋼鋼管JIS G 3445STKMS.E.B炭機械、自動車、自転車、家具、器具、その他の機械部品に使用する炭素鋼鋼管。機械構造用合金鋼鋼管JIS G 3441SCM-TKS.E.A合機械、自動車、その他の機械部品に使用する合金鋼鋼管。一般構造用角形鋼管JIS G 3466STKRS.E.B.A炭土木、建築、その他の構造物に用いる角形鋼管。その他油井用継目無鋼管JIS G 3439STO-GS指定なし油井戸または、ガス井戸の掘さくおよび採油採ガスに使用する。用途別には、ケーシング、チュービングおよびドリルパイプの3種類がある。試すい用継目無鋼管JIS G 3465STMS指定なし地殻、掘さく、さく岩などに使用され、ボーリングコッド、ケーシング、コアーチューブなどの種類がある。高圧ガス容器用継目無鋼管JIS G 3429STHS炭温度35℃で圧力0.98MPa(10kgf/cm2)以上の圧縮ガス、温度40℃で圧力0.20MPa(2kgf/cm2)以上の液化ガスおよび溶解アセチレンなどの高圧と充填する高圧ガス容器(JIS B 6241)の製造に用いる。電線管(鋼製)JIS C 8305E炭電気配線で、電線を保蔵するために、この中に電線を通して使用する。備考製造法の記号材質の記号S:継目無鋼管炭:炭素鋼E:電気抵抗溶接鋼管合:合金鋼B:鍛接鋼管ス:ステンレス鋼A:アーク溶接鋼管2

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る